BellWoods' Blog
広告・マーケティング・野球・テニスなどの時事ネタへのコメント、日ごろの思いつきなど、徒然なるままに・・・。
新着記事
amzlsh

2007年03月07日

オンライン広告市場に成長力

ネットレイティングスが3月5日に、2006年第4四半期(10〜12月)のオンライン広告統計「AdRelevance(アドレレバンス」)の調査結果を発表しました。

 2006年第4四半期バナー広告は634億円--消費者金融落ち込むも全体でカバー - CNET Japan

それによると、メインプレーヤーの1つである個人向けローンを取り扱う消費者金融業各社の広告出稿は減少し、2006年12月期の消費者金融業のバナー広告費は約9800万円、同10月期と比べても20億円以上の落ち込みとなったそうです。

しかし、日本全体のバナー広告費は634億円、単月平均で約210億円と堅調に推移しています。

これに対し、荻原雅之氏は
現在のオンライン広告市場は、1つの業種の落ち込みを市場全体でカバーする成長力を有している。最近の傾向として、ネット広告の主役が従来のネットをインフラとして活用しているインターネット関連企業から自動車、化粧品、飲料・食品をはじめとする消費財メーカーにシフトしている。従来の広告市場のメインプレーヤーである、これらの企業の積極的なネット広告の活用が日本のオンライン広告市場の成長にさらなる拍車をかけていくだろう
と見ています。

これからも、オンライン広告市場は成長を続け、マスメディアに匹敵する広告媒体となることでしょう。
posted by KazuS at 05:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。