BellWoods' Blog
広告・マーケティング・野球・テニスなどの時事ネタへのコメント、日ごろの思いつきなど、徒然なるままに・・・。
新着記事
amzlsh

2007年02月26日

BIGLOBEの「感性ワードナビ」

BIGLOBEの有料動画ポータルサイト「BIGLOBE ViDEO STORE」において、“泣ける”とか“懐かしい”とか“スカッとする”といった感性ワードを選択することで、直感的に好みの動画コンテンツを絞り込める「感性ワードナビ」を導入したそうです。

 BIGLOBE、直感的に好みの動画を絞り込む「感性ワードナビ」を導入 - CNET Japan

感性ワードナビ感性ワードナビは、NECのインターネットシステム研究所が開発した「感性ワード付与機能」と「対話型情報ナビゲーション機能」を活用して実現したものだそうで、感性ワード付与機能によって、動画コンテンツのタイトルや作品紹介文に含まれるキーワードから、動画コンテンツと感性ワードを自動的に紐付け、さらに対話型情報ナビゲーション機能で、紐付けられた感性ワードの分布を分析し、ユーザーが動画コンテンツを選ぶ際に、適切なワードを自動的に3個ずつ提示していくのだそうだ。

ユーザーは、提示された中から直感的に感性ワードを選び、それを繰り返すことによって、BIGLOBE ViDEO STORE内のさまざまな動画コンテンツから適切な件数に絞り込め、感性ワードを優先して提示することで、絞込み結果が数件と少なくなりすぎたり、多くなりすぎたりせず、効率的にコンテンツを絞り込んでいくことが可能なのだそうだ。

現在の感性ワードは24種類あるらしいが、検索のスタート時点で既に3つだけ画面に表示されている。リロードすると、表示される感性ワードが変わるようだ。どういうロジックで初期の3つのワードを決めているのかわからないが、スタートは24種類の中から選んでスタートしてみたいなぁと思った。
posted by KazuS at 05:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT系
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。