BellWoods' Blog
広告・マーケティング・野球・テニスなどの時事ネタへのコメント、日ごろの思いつきなど、徒然なるままに・・・。
新着記事
amzlsh

2007年02月22日

検索連動型広告は第2ステージへ

検索連動型広告の「スポンサードサーチ」およびコンテンツ連動型広告の「コンテンツマッチ」を提供するオーバーチュアの代表取締役副社長の竹尾直章氏が、現在の検索連動型広告市場の状況と2007年の同社の事業戦略について語った記事を読みました。

 「検索連動型広告は第2ステージに突入」--オーバーチュア - CNET Japan

検索連動型広告は第2ステージに突入し、広告主はリアルマーケティングとの連動やブランディングを求めるようになってきているとのこと。また、検索連動型広告が、一般的に認知されてきた現れでしょうか、インターネットに詳しくない広告主が増えているそうで、サポートが重要になっているとのことです。

これは、テレビCMの最後に「・・・で検索」というようなものだろうと思いますが、猫も杓子も「検索」「検索」です。でも、そろそろ、消費者も飽きてきていると思いますが、また、詳細はネットで調べるというスタイルも定着したのかなぁとも思います。

また、2007年の事業戦略の軸として、ナショナルクライアントと呼ばれる大手広告主と、地方の中小企業を開拓していくとのこと。

ナショナルクライアントに対しては、テレビCMやバナー広告と検索連動型広告を組み合わせた広告プランを、広告代理店とともに提案するそうです。

地方の中小企業については、同社がPanama(コード名)と呼ぶ新しいスポンサードサーチのシステムを導入することで地域を限定した広告配信を可能とし、この機能を売り込むとのこと。

Googleのアドワーズ含め、検索連動型広告はまだまだ勢いは衰えないと思いますが、今後、さらなる発展のため、どうなっていくのか注目です。
posted by KazuS at 05:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34375355
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。