BellWoods' Blog
広告・マーケティング・野球・テニスなどの時事ネタへのコメント、日ごろの思いつきなど、徒然なるままに・・・。
新着記事
amzlsh

2011年10月28日

【積読】明日のコミュニケーション 「関与する生活者」に愛される方法

久しぶりにインターネット関連の書物を読みたくなり購入。

明日のコミュニケーション 「関与する生活者」に愛される方法 (アスキー新書)
佐藤尚之
アスキー・メディアワークス
売り上げランキング: 113

一昔前は、ソーシャルメディアといえばmixiだったが、TwitterやFacebookが台頭してきてから、自分自身のソーシャルメディアとの関わり方も変わってきたような気がする。
posted by KazuS at 17:06 | Comment(0) | TrackBack(1) | 積読

【積読】まじめの罠

勝間 和代さんの本。初めて買ってみた。

「まじめな人に捧げる本」とのこと。

まじめの罠 (光文社新書)
勝間和代
光文社 (2011-10-18)
売り上げランキング: 188

まさに私向き・・・?
posted by KazuS at 16:53 | Comment(0) | TrackBack(1) | 積読

【積読】アイデアの99% ―― 「1%のひらめき」を形にする3つの力

衝動買い。

「実現しないアイデアはアイデアと呼ばない。単なる妄想だ。」
という帯のコピーにやられた。

アイデアの99% ―― 「1%のひらめき」を形にする3つの力
スコット ベルスキ Scott Belsky
英治出版
売り上げランキング: 24311

posted by KazuS at 16:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 積読

ふと電車の中で思ったこと

 先日、ふと朝の通勤時に電車に乗って思ったこと。

 浜松〜掛川を電車で通勤するようになって9年目になるが、毎朝、だいたい同じ時間の同じ車両に乗っている。(大都市ならともかく、地方で日毎乗る電車を変えたり、車両をランダムに乗っていく人は少ないと思う)

 そうすると、車両にはいつも同じ顔ぶれの人々が乗り込んでくる。誰がどこで降りる、誰がどこから乗ってくる、なんてこともだんだんとわかってくる。当たり前のことになってくる。

 でも、そんな中で変化に気づくときがある。

 車両の中には、サラリーマンやOLだけでなく、中学生や高校生も乗ってくる。サラリーマンやOLの方々は、長い間顔を合わせていてもなかなか変化に気がつかないのだが、中学生や高校生はその成長にハッとすることがある。

 9年も電車に乗っていると、9年前に高校1年だった男子学生や女子高生は、普通なら大学卒業して働いていることになる。中学生も高校生になり、制服が変わったり、色気づいて?ファッションに気を使うようになっていたり、そういうこと変化を何気なく見ているんだなぁということに気づいた。

 名も知らぬ学生たちの近所に住むおじさんになったような気がした。
posted by KazuS at 12:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。